点滴療法研究会

株式会社リンフォテック

きぼうの杜クリニック

BAK療法

自由診療注射


マイヤーズカクテル 人の体内に存在するビタミン・ミネラルだけの点滴療法で、気管
支喘息・偏頭痛発作・慢性疲労症候群・線維筋痛症などさまざまな疾患に有効で
す。


ビタミンC25g  美白作用 アンチエイジング
ビタミンC50g がん治療
ビタミンC62gがん治療
ビタミンC75gがん治療

キレーション CaEDTA  キレーションEDTA(エチレンジアミン四酢酸)という合成アミノ酸を点滴する療法です。主に有害重金属除去に用いられます。

アルファリポ酸点滴  強力な抗酸化作用があり、肝臓の代謝を改善します。糖尿病性神経障害・がんの代替医療・自己免疫疾患・肝炎・肝硬変にてきしています。

プラセンタ注射 若返り・自己免疫疾患・アレルギー性疾患・婦人科系疾患・アンチエイジング・美白・小じわの修復などに作用します。

にんにく注射

ニンニク注射といっても、ニンニクを注射するわけではありません。ビタミンB1などが主成分で、このビタミンB1の構成成分の中に含まれる硫化アリルがにんにく臭のすることから、ニンニク注射と呼ばれています。ハードスケジュールに追われる芸能人や、体が資本のスポーツ選手に愛用されています。、疲労や倦怠感回復にとても有効で、即効性があります。


グルタチオン療法

日本では既に40年以上も前からグルタチオンを自家中毒、つわり、妊娠中毒、薬物中毒、慢性肝炎の治療に使用していました。副作用も非常に少ない、安全率の高い医薬品で、薬の副作用の治療に使われることもあるぐらいです。なお、米国では抗がん剤の副作用による指先のしびれ(末梢神経障害)、閉塞性動脈硬化症など様々な疾患の治療に使われています。

パーキンソン病の場合に、1回800mgから始めて徐々に増量、通常は1400-2000mgを点滴で投与します。この投与量は通常投与量の数倍になります。頻度は週に2〜3回、約3ヶ月間行います。病状の改善が認められれば、その後は維持プログラムとして週に1〜2回のペースで治療します。1回の点滴時間は約30分です。パーキンソン病の進行防止の場合は維持プログラムから開始することができます。有効率は40〜60%で、劇的に効果があるケースからまったく無効である場合もあります。